お水を飲むだけで痩せる?水ダイエットとは!?

水分補給は健康において非常に重要です。適切な水分補給は血液循環を良くするだけでなく、ダイエット効果も非常に高まります。特に体重を減らすというよりも、体脂肪を減らすのにお水は適切に働いてくれるので、『水ダイエット』というものが注目されています。

水分を摂取するだけでダイエットが出来る!?

ダイエットにおいて重要なのは、体重を減らすことではなく体脂肪を落とし、見た目をかっこよくすることかと思います。体脂肪を減らすためには、基礎代謝を高めることが非常に重要になってきますが、代謝を高めるために水分の摂取が重要になってきます。水分を摂取することによって血液循環が良くなるだけでなく、代謝も高まります。

水分摂取による代謝の向上で体脂肪減少

朝起きてすぐにお水を摂取することで、眠っている胃腸の活動を開始させることが出来ます。それによって日中の代謝が高まります。基礎代謝が高まると、食事でとったカロリーをしっかりと基礎代謝で消費することが出来るので、少しの運動で体脂肪を簡単に落とす事が可能になります。

しかし、この方法は短期間で脂肪を燃焼させるわけではありません。

➡参考:脂肪燃焼を促進するためには・・・
『カプサイシンによる脂肪燃焼効果とは?正しいカプサイシンダイエット方法などをご紹介!』

体脂肪による健康被害

体脂肪が多いと、健康被害を招きます。特に内臓脂肪が多い人は要注意です。
心臓や肝臓への負荷が高まってしまうことや、腰や膝への負担が増加してしまいます。
なかには無呼吸症候群に肥満の結果なってしまう方もいらっしゃいます。

水ダイエットの具体的な方法

水分摂取によるダイエットですが、その方法は食事の30分前に水を摂取するということたったそれだけです。これは、食事30分前に水分を摂取することで、食事のカロリー吸収を抑えることが出来るという研究結果からも明らかになっています。また、食事の前に水分を摂る事で空腹感も和らぐので、食べすぎを防ぐことも可能です。

➡参考:摂る水分は軟水が良いの?硬水が良いの?
『軟水と硬水って何が違うの?それぞれの効果、メリット・デメリットは?』

水ダイエットの注意点

食事前に水分を摂取することでダイエットを図ろうとする水ダイエットですが、これには注意が必要です。
水分を摂取することで、基礎代謝があがることはいい事なのですが、ご飯を食べる量を制限することになるため、食事から摂取できる水分量・栄養素が少なくなってしまいます。

そのため食事前以外にも水分を取らないと、脱水症状になってしまったり
水分摂取量が多すぎて低ナトリウム血症や水毒症を引き起こしてしまったりということには注意が必要です。

➡参考:水分補給の注意点
『お水と健康の関連性は?1日どのくらい水を飲むのがいいのか』

➡参考:手軽に必要な栄養分を摂取するためには・・・
『巷で良く聞くスーパーフードとは!?その秘密に迫る!』

まとめ

手軽にできる水ダイエットですが、正しい知識を持って取り組んでください。間違った方法を摂ると、逆にむくみの原因や、太りやすい体質になってしまいかねないため、くれぐれも注意して実施するようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする