カプサイシンによる脂肪燃焼効果とは?正しいカプサイシンダイエット方法などをご紹介!

カプサイシンダイエットというダイエット方法をご存知でしょうか?
よく誤解されているのは、カプサイシンを多く含むものを食べればいいというものです。
正しく効果や成分を理解して、効果的に健康になるためにも、カプサイシンにはどのような効果があるのか、どういった食べ物に多く含まれているのか、正しいカプサイシンダイエット方法など詳しく見ていきましょう。

カプサイシンによる効果

カプサイシンとは、唐辛子などに多く含まれている辛味成分の一つです。

唐辛子を食べると、発汗量が多くなるということは皆さん経験したことがあると思います。
あの現象は、摂取したカプサイシンが体内で吸収され、脳に運ばれることによって、アドレナリンの分泌が促進されることによって起こると言われています。

しかし、発汗はするものの本当にダイエットに効果はあるのか?
カプサイシンによる具体的な効果について解説します。

褐色脂肪細胞の活性化

褐色脂肪細胞の詳しい説明はここでは省きますが
褐色脂肪細胞は、活性化させることで脂肪を燃焼させる働きがあります。

➡詳しくはこちらの記事をご覧ください!
『脂肪細胞を理解し、効果的な刺激で簡単ダイエット!』

そして褐色脂肪細胞は、自律神経の一つである交感神経を刺激することで活性化すると言われています。カプサイシンには、この交感神経を簡単に高める事が出来る非常にありがたい成分なんです。(もちろん、他にも交感神経を高める方法はあります。)

唐辛子が多く含まれている料理を食べると、身体がポカポカしてきて、汗が吹き出すと思いますが、これが交感神経が刺激され、高まっている証です。

要は、カプサイシンを摂取する事で、褐色脂肪細胞が活性化し、脂肪が燃えやすくなるということです。

脂肪分解酵素の活性化

カプサイシンの効果は褐色脂肪細胞の活性化だけでは終わりません。
実は、脂肪分解酵素であるリパーゼをも活性化してくれます。
カプサイシンを摂取すると脳からアドレナリンが出るのですが、同時に脂肪分解酵素でもあるリパーゼが脳から出たアドレナリンによって多く分泌されるようになります。

脂肪分解酵素リパーゼは、その名の通り、脂肪分解を促進してくれます。
本来、運動をすると最初は糖質をエネルギーに変えようとします。そしてその次にやっと脂肪を燃焼することでエネルギーに変えるのです。しかし、脂肪分解酵素が活性化すると通常の運動より早く脂肪分解が促進されるため、通常より短時間の運動でも脂肪燃焼が促進されます。

先程の褐色脂肪細胞の活性化とこの脂肪分解酵素の活性化によって、脂肪はさらに燃焼されやすくなります。

カプサイシンダイエットの正しいやり方

ここまでカプサイシンの効果を読まれて、カプサイシンダイエットに興味がわいてきた方のために、正しいカプサイシンダイエットをお伝えしたいと思います。
実は簡単2ステップなんです。

カプサイシンを摂取する

まずは、カプサイシンを摂取しましょう。
カプサイシンを含む食べ物は後述しますが、カプサイシンは唐辛子を使った料理を取ると確実に摂取が可能です。ただし、カプサイシンには脂肪燃焼効果の他に食欲増進効果があるので、
食べすぎには要注意です。

脂肪燃焼運動(有酸素運動)を行う

カプサイシンを摂取するだけでは痩せません。カプサイシンの効果は先ほども書きましたが、褐色脂肪細胞の活性化と脂肪分解酵素の活性化です。
脂肪燃焼の促進ではありません。

つまりカプサイシンを摂取する事で脂肪を燃焼しやすい状態になります。
ここで、しっかりとエネルギーとして脂肪の分解を促進して欲しいです。

多くの人は「カプサイシンダイエット=カプサイシンを取るだけ」と
思い込んでいますが、それは大きな間違いです。

ちなみにですが、カプサイシンの脂肪分解効果はカプサイシンを摂取した後、2時間前後で働くと言われています。食後すぐの運動はそもそもきついですし、ちょうど良きタイミングで有酸素運動を行うと効果的に脂肪燃焼が促進されます。

➡有酸素運動に関する記事はこちら!

カプサイシンを多く含む食べ物

カプサイシンと聞いて、まず皆さんが思い浮かべるのは、唐辛子ではないでしょうか。
食べると、刺激的な辛さで発汗作用がある印象を受けると思います。
実際には、カプサイシンはどのような食べ物に多く含まれているのでしょうか。

調べてみると、やはり多く含まれているのは赤唐辛子・青唐辛子だということでした。

例えば、キムチ、マーボー豆腐、タバスコ、コチュジャンなどが料理や調味料としては上げられます。

辛い食べ物が苦手な人にオススメの方法

辛いものが苦手な人は無理やり食べないといけないのか、それか諦めないといけないのか、
というとそうではありません。簡単にカプサイシンを摂取する方法をお伝えします。

オススメのサプリメント

スリムバーン



脂肪燃焼を促進するカプサイシンを多く含まれているだけでなく、
・18種類ものアミノ酸を含有する「ブラックジンジャー」
・美スタイルを徹底サポートする「フォルスコリン」
・美容健康&ぽちゃぽちゃを燃やす「プロリン」

も多く含まれています。

4つのチカラであなたの理想を叶えます!ひとくちダイエット【スリムバーン】

カプサイシンの摂取の際の注意点

カプサイシンは取ればとるだけいいのかというとそうではありません。
カプサイシンの取りすぎで起こりうる副作用としては、味覚障害やうつ病の悪化、胃炎・胃がんなどと言われています。サプリメントなどは手軽に取れるため取りすぎには十分注意が必要です。

では、どれだけの量がだめなのかというと、知識量としては、体重1㎏あたり60~75㎎という研究結果があります。つまり、体重60㎏の人で約4000㎎を一回で摂取することになります。食事だけでこの量を一度に摂取するのはほぼ不可能に近いため、安心していただいて大丈夫かと思います。サプリメントも正しい容量を守れば問題ないです。

まとめ

カプサイシンダイエットは手軽にできるダイエットの一つです。
但し、カプサイシンばかりを摂取すればいいというわけではありませんし、本当に健康になるためにはバランスのいい食事・運動は欠かせません。あくまで参考にしていただき、健康にイキイキとした生活を過ごして頂く参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする