軟水と硬水って何が違うの?それぞれの効果、メリット・デメリットは?

よくコンビニなどで売られているミネラルウォーターですが、「硬水」や「軟水」といった表記をみかけることもあるかと思います。ところで皆さんは硬水と軟水の違いをご存知でしょうか?
実は、硬水と軟水は含まれる成分が違うため、人の体に与える効果も異なります。それぞれの違いを理解することで、ダイエットなども含め健康になることが可能なのです。

お水に含まれる硬度

お水には、カルシウムとマグネシウムが主にイオンとして含まれています。そして、お水1リットル中のカルシウム・マグネシウムの量を以下の計算式の結果の値で表したものが「硬度」です。

硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)

世界保健機関(WHO)の基準によると、カルシウム・マグネシウム量が100mg/l以下を「軟水」、カルシウム・マグネシウム量が101mg~300mg/lを「中硬水」、カルシウム・マグネシウム量が301mg/l以上を「硬水」と呼びます。

ちなみに参考までにですが、エビアンは304㎎/lの硬度なので、「硬水」になりますし、東京の水道水は約60mg/lの硬度なので、「軟水」になります。

硬度の違いによる味の違い

硬度によって見た目が変わる事はありません。ただ、水によって味が違うのはこの硬度によるものです。一般的にマグネシウムが多く含まれる硬水は重く飲みごたえがあり、硬度の低い軟水は口当たりが軽いと感じると言われています。(人によって感じ方は異なります。)

お水の硬度が異なる理由

日本で算出されるお水はほぼ全て軟水です。一方欧米では硬水が多くなります。これは、地殻に含まれる成分が異なる事が原因であります。天然水は雨や雪の水分が地中に浸透していき、地層の中でろ過されて湧き出しているものですが、その過程で地層中のミネラルを含んでいます。日本は土地の影響もあり、地層中をめぐる時間が短く、欧米では地層中をめぐる時間が長いことから含まれるカルシウム・マグネシウム量(硬度)に差が出ると言われています。

硬水と軟水どちらを飲むのがいいの?

硬水と軟水は1リットル中に含まれるカルシウム・マグネシウム量の違いであり、味や風味が異なるのもこの硬度によるものだということが分かりました。では、どちらの水を選べばいいのでしょうか?

万能な水分:軟水

軟水は硬度が低く、カルシウム・マグネシウム量が比較的少ないため、味としてはまろやかでさっぱりして飲みやすいです。また、小さい子供やお年寄りでも身体に与える刺激は少ないので、安心して飲むことが出来ます。

また、成分が少ないため素材の味を引き出しやすく煮物などにはもってこいの水ですし、緑茶の風味を出しやすかったり、お米がふっくらと炊き上がったりと料理にも適しています。
それだけではなく、少しの洗剤でも泡立ちがいいとされており、洗濯にも向いていると言われている非常に万能なお水が軟水です。

健康効果を求めるなら:硬水

欧米では肉料理がメインであるため、ミネラルが不足しがちだといわれています。そこで、食事だけでは不足してしまうミネラルを硬水で補っています。つまり硬水は、ミネラル補給をするのには最適な飲み物だということです。スポーツ後などミネラルが不足する場面や、日々の食生活でミネラルを摂取出来ていない人には硬水を飲むことで補給できます。

また、硬水はミネラル補給だけでなく、腸を刺激して便秘を解消してくれる効果もあるためダイエットや美容・健康には向いていると言われています。
ただし、飲みすぎるとお腹が緩くなってしまうため気をつけてください。

どちらを選べばいいの?

それぞれの効果を書いてきましたが、どちらを選べばいいかは人によって異なるかと思います。ダイエットや美容・健康目的であれば硬水の方が効果的ですし、水分補給を目的と
するなら飲みやすい軟水がおすすめです。
もちろん体質によっても合う、合わないはあるため、自分にあったお水を選択していっていただけるといいかと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする